遺伝で多汗症は起こるのか

多汗症には遺伝性のものがあります。その場合はほとんどが思春期ごろまでに発症し、生まれつきの体質が大きく関係しています。原因遺伝子を調べたところ、14番目の染色体のD14S1003~D14S283の間に症状を引き起こす遺伝子があることが予測されています。優性遺伝である可能性も指摘されていますので、両親のどちらかが多汗症の場合には子供も発症する可能性がとても高くなります。両親とも該当する場合には更に高確率になりますので、発症のしやすさはある程度の予測ができます。
ただし、わきがほど顕著に遺伝の影響が現れるわけではありませんので、両親ともに該当していても子供は発症しないケースもあります。その逆もあり、両親ともに発症していないのに、子供だけが発症するケースもあります。実際には本人の気質的な部分が大きく関係していて、ストレスを受けやすかったり緊張を感じやすい人がなりやすいともいわれていますので、様々な要因が複雑に絡み合って発症につながっていると考えられています。親子の場合、こうした気質までが似ていることが多いので、体質とは別の要因によって受け継がれている可能性も指摘されています。
多汗症の場合、交感神経が人よりも反応しやすいことが原因の一つになっています。交感神経は活発に活動している時や緊張している時、興奮状態にある時、ストレスを強く感じている時などに作用して血圧や心拍数の上昇させます。新陳代謝を活発にしますので、汗の分泌にも絡んでくる部分です。現在遺伝的にどの程度の確率で受け継いでしまうのかは分かっていませんが、100%でないことだけは確かです。ですから、親が発症しているからといって子供まで多汗症に悩まされるとは断定できませんし、体質と同じくらいに精神性の発汗も多いとされていますので、誰にでも起こる症状だと理解しておく必要があります。精神性の発汗なら、リラックスすることで改善できます。

遺伝で多汗症は起こるのか はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症

多汗症に効果的な漢方薬

人よりも多く汗をかいてしまう多汗症は、症状が酷いと人目が気になって外出が怖くなってしまったり、接客業など人と接することの多い仕事ができなくなるなどの弊害が出てきます。
また汗だけではなく臭いなどの問題を抱えてしまうこともあり、人に相談することも出来ずに悩みを抱え込んでしまう方も少なくありません。
そんな多汗症の原因は様々あり、ストレスからくる自律神経のバランスの乱れや、更年期障害などのホルモンバランスの乱れ、また代謝機能障害を引き起こすような病気などが隠れていることもあります。
そのため、治療においてはなんらかの疾患がないのかを調べ、もしも、なにか異常があればその治療によって症状が改善することがあるのですが、ストレスや加齢、元々の体質や遺伝などが原因の場合は、治療効果は人によって変わってくるため、なかなか症状が改善しないことも珍しくありません。
このように原因となる疾患がない多汗症で治療を受けても症状が改善しないような場合、漢方で対処するのも一つの方法です。
漢方を代表とする東洋医学は、薬を使って原因を特定して治療する西洋医学と違って、その人本来が持つ体質を見極めて、体本来を健康にすることで治療していくものですので、多汗症のように原因が多岐にわたる疾患において高い効果を発揮しやすいのです。
多汗症に効果的な漢方薬は数多くありますが、代表的なものは柴胡桂枝乾姜湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、黄連解毒湯などが挙げられます。
柴胡桂枝乾姜湯は、急に体が火照って汗がどっとでるような更年期症状やホルモンバランスの乱れからくる症状の緩和に効果的とされており、柴胡加竜骨牡蛎湯は、緊張で汗がたくさん出てしまう症状に効果的とされています。また黄連解毒湯は血圧が高く、体が常に熱を持っているように暑くて汗をかくという症状に効果的です。
ただし漢方の場合、西洋医学で用いられる薬とは違って、この症状にはこれといったような明確な定義がされているわけではありませんので、自己判断で上記の薬を用いるのではなく、しっかりと漢方専門医に診察をしてもらい、適切な処方を受けることが症状の改善には必要です。

多汗症に効果的な漢方薬 はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症

多汗症を薬で治す方法

多汗症とは、汗が大量に出る症状のことで、緊張をした時などに顔やワキなどから大量に発汗します。緊張をした時は誰でも発汗量は増えますが、多汗症の方は発汗量が非常に多く、日常生活や仕事で支障をきたすこともあります。また、ワキガになりやすくなる傾向があり、ニキビや肌荒れの原因にもなります。
多汗症を治す方法として汗腺を摘出する方法があり、外科手術で汗腺を摘出することで発汗量を大幅に抑えられます。レーザー治療も可能で、レーザーで汗腺を破壊することで治療を行います。汗腺を摘出する治療法は確実な効果が得られますが、費用が高い点がデメリットになります。
手軽に多汗症を治す方法として薬物療法があり、皮膚科などの病院で薬を処方してもらえます。ドラッグストアでは販売されていないため、国内で入手するには、病院で診察を受けて医師に処方せんを書いてもらうことが必要になります。病院に行かずに購入したい場合は、個人輸入代行サービスを利用すると、海外で販売されているものを個人輸入の形態で購入することが可能です。個人輸入代行サービスを利用して購入する場合は、医師の処方せんは不要です。
多汗症の治療薬にはアセチルコリンという有効成分が含有されており、服用すると抗コリン作用が得られます。抗コリン作用で脳からの発汗の指令を止めることができ、緊張をした時でも汗をかかなくなります。ただし、抗コリン作用には永続性がないため、一時的な効果しか得ることができません。永続的な汗止めの効果を得るためには、汗腺を摘出するしか方法はありません。
抗コリン作用がある汗止めの薬は即効性があり、服用してから約1時間後に効果が現れます。大事な商談や恋人とのデートなどの約1時間前に服用しておくと、大事な場面で汗をかかくなります。このように、即効性があることが最大のメリットであり、大事な時に大量に汗をかくという悩みが解決します。
抗コリン作用がある汗止めの薬の副作用には、喉の渇きや眠気、頭痛などがあります。最も多い副作用は喉の渇きであり、ほとんどの方が服用すると喉が渇きます。服用すると喉が渇く理由は、抗コリン作用により、汗だけでなく他の体液の分泌も抑制されるためです。その他の副作用として熱中症になりやすくなるので、夏場は熱中症に注意をすることが必要です。熱中症になりやすくなる理由は発汗しなくなるためであり、喉の渇きと熱中症を防ぐために、こまめに水分補給をすることが大切になります。

多汗症を薬で治す方法 はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症

多汗症の手術を受ける際の注意点とは

スポーツをしたり、夏場等の暑い季節には汗をかくというのは、ごく当たり前の事です。同様に人間は大勢の前で喋ったりする際、緊張によって汗をかきます。ですがその汗のかき方には個人差があり、その時々によって違いもあるものです。ですが中には、汗を頻繁にかくだけでなく、汗を大量にかいてしまう人もいます。そういった形で多汗症を患ってしまうと、いきなり大量の汗をかいてしまったりするので、頻繁に汗臭さに注意しなければなりません。女性の場合は、折角のメイクが汗で落ちて台無しになるので、非常に厄介です。
その様に多汗症は非常に面倒な症状なので、何とか対処したいと考える人は少なくありません。対処法としては、ストレスが原因の1種だったりするので、ストレス解消のための運動を行ったり、規則正しい生活を意識する事で、症状をある程度改善出来る場合もあります。ですが自力での対処では、なかなか改善出来ないケースも少なくないので、そうなると医学的な対処法に頼る事になるのです。
病院での対処法としては、ボトックス注射を打つという方法が存在します。汗が大量に出てしまう箇所にボトックス注射を打つ事で、神経を麻痺させ、汗が出るのを抑制する事が可能です。ですがこの方法は早ければ3ヶ月程度で効果が薄れてしまい、再び注射を打ちに行かなければなりません。お陰で根本的な解決とまでは、いかなかったりします。
多汗症を根本的に解決するには、手術を受ける必要があるのです。大量に汗が出て来る部位を選び、手術を行う事で、その部位の多汗症の症状を改善する事が出来ます。効果が直ぐに得られるだけでなく、ボトックス注射の様に、時間が経つと効果が弱まる心配もほとんどなく、再発の心配はしなくて良い点は魅力的です。ただし多汗症の手術で注意すべきなのは、代償性発汗と呼ばれる副作用が生じ易い事だったりします。
代償性発汗とは、脇の汗に対する手術を受けた所、そこは改善されたものの、今度は手の汗を大量にかく様になるといった症状です。しかも手術を受け神経を切断すると元に戻せないので、多汗症の手術を受けるか否かは、リスクも考慮した上で決断する事をおすすめします。

多汗症の手術を受ける際の注意点とは はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症