多汗症に効果的な漢方薬

人よりも多く汗をかいてしまう多汗症は、症状が酷いと人目が気になって外出が怖くなってしまったり、接客業など人と接することの多い仕事ができなくなるなどの弊害が出てきます。
また汗だけではなく臭いなどの問題を抱えてしまうこともあり、人に相談することも出来ずに悩みを抱え込んでしまう方も少なくありません。
そんな多汗症の原因は様々あり、ストレスからくる自律神経のバランスの乱れや、更年期障害などのホルモンバランスの乱れ、また代謝機能障害を引き起こすような病気などが隠れていることもあります。
そのため、治療においてはなんらかの疾患がないのかを調べ、もしも、なにか異常があればその治療によって症状が改善することがあるのですが、ストレスや加齢、元々の体質や遺伝などが原因の場合は、治療効果は人によって変わってくるため、なかなか症状が改善しないことも珍しくありません。
このように原因となる疾患がない多汗症で治療を受けても症状が改善しないような場合、漢方で対処するのも一つの方法です。
漢方を代表とする東洋医学は、薬を使って原因を特定して治療する西洋医学と違って、その人本来が持つ体質を見極めて、体本来を健康にすることで治療していくものですので、多汗症のように原因が多岐にわたる疾患において高い効果を発揮しやすいのです。
多汗症に効果的な漢方薬は数多くありますが、代表的なものは柴胡桂枝乾姜湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、黄連解毒湯などが挙げられます。
柴胡桂枝乾姜湯は、急に体が火照って汗がどっとでるような更年期症状やホルモンバランスの乱れからくる症状の緩和に効果的とされており、柴胡加竜骨牡蛎湯は、緊張で汗がたくさん出てしまう症状に効果的とされています。また黄連解毒湯は血圧が高く、体が常に熱を持っているように暑くて汗をかくという症状に効果的です。
ただし漢方の場合、西洋医学で用いられる薬とは違って、この症状にはこれといったような明確な定義がされているわけではありませんので、自己判断で上記の薬を用いるのではなく、しっかりと漢方専門医に診察をしてもらい、適切な処方を受けることが症状の改善には必要です。

多汗症に効果的な漢方薬 はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症

Comments are closed.