多汗症を薬で治す方法

多汗症とは、汗が大量に出る症状のことで、緊張をした時などに顔やワキなどから大量に発汗します。緊張をした時は誰でも発汗量は増えますが、多汗症の方は発汗量が非常に多く、日常生活や仕事で支障をきたすこともあります。また、ワキガになりやすくなる傾向があり、ニキビや肌荒れの原因にもなります。
多汗症を治す方法として汗腺を摘出する方法があり、外科手術で汗腺を摘出することで発汗量を大幅に抑えられます。レーザー治療も可能で、レーザーで汗腺を破壊することで治療を行います。汗腺を摘出する治療法は確実な効果が得られますが、費用が高い点がデメリットになります。
手軽に多汗症を治す方法として薬物療法があり、皮膚科などの病院で薬を処方してもらえます。ドラッグストアでは販売されていないため、国内で入手するには、病院で診察を受けて医師に処方せんを書いてもらうことが必要になります。病院に行かずに購入したい場合は、個人輸入代行サービスを利用すると、海外で販売されているものを個人輸入の形態で購入することが可能です。個人輸入代行サービスを利用して購入する場合は、医師の処方せんは不要です。
多汗症の治療薬にはアセチルコリンという有効成分が含有されており、服用すると抗コリン作用が得られます。抗コリン作用で脳からの発汗の指令を止めることができ、緊張をした時でも汗をかかなくなります。ただし、抗コリン作用には永続性がないため、一時的な効果しか得ることができません。永続的な汗止めの効果を得るためには、汗腺を摘出するしか方法はありません。
抗コリン作用がある汗止めの薬は即効性があり、服用してから約1時間後に効果が現れます。大事な商談や恋人とのデートなどの約1時間前に服用しておくと、大事な場面で汗をかかくなります。このように、即効性があることが最大のメリットであり、大事な時に大量に汗をかくという悩みが解決します。
抗コリン作用がある汗止めの薬の副作用には、喉の渇きや眠気、頭痛などがあります。最も多い副作用は喉の渇きであり、ほとんどの方が服用すると喉が渇きます。服用すると喉が渇く理由は、抗コリン作用により、汗だけでなく他の体液の分泌も抑制されるためです。その他の副作用として熱中症になりやすくなるので、夏場は熱中症に注意をすることが必要です。熱中症になりやすくなる理由は発汗しなくなるためであり、喉の渇きと熱中症を防ぐために、こまめに水分補給をすることが大切になります。

多汗症を薬で治す方法 はコメントを受け付けていません。

Filed under 多汗症

Comments are closed.